NAOKI-T

クラシックやジャズを独学で勉強し
2004年自身初プロデュース作品、ケツメイシ「さくら」が評価され
次々とアーティストのヒット作品に携わる。
楽曲やアーティストの見え方を示唆するプロデュース力でサポート。
常に新を生み出したいというクリエイティブな感性に
アーティストからの信頼も厚い。

アレンジ力、温度感、時にはユーモアのあるサウンドを生み出し
ジャンルにとらわれることのない情景や感情を表現する事を
得意とするプロデューサー。